Proxmox(Linux仮想基盤)でゲストOSに別ディスクを追加する

前書き

ProxmoxというDebian系Linuxの仮想プラットフォームがありますが、Proxmox上にWindows Server 2016を構築し、その仮想マシンに別ディスクとしてHDDを追加してみたいと思います。

検証環境は以下のようになっています。

ホストOS仮想基盤 Proxmox 5.3
ProxmoxをインストールするHDD 250GB(全体容量は500GB。パーティションを2つに分割)
仮想ゲストOS Windows Server 2016(評価版)
別ディスクとして追加するHDD USBメモリ(2GB)

 

イメージを図にしました。

 

本環境ではUSBメモリを使用していますが、SATA接続などのHDDでも同様の手順で追加することができます。

仮想マシンのディスク容量追加に使用することができる方法であり、別ディスクとして追加できるため冗長性もあります。

準備

Proxmoxのインストール

詳細な手順は割愛します。

Proxmoxの公式サイトからインストールイメージをダウンロードし、CDなどに焼いてブートさせてHDD(ここでは250GBのHDD)にインストールします。

Proxmox公式サイト
https://www.proxmox.com/en/downloads

「Proxmox VE 5.3 ISO Installer」と書かれた下の[Download]ボタンからダウンロードできます。

 

環境確認

話がそれますが、Proxmoxは論理ボリュームマネージャを使用しており、デフォルトで[root]、[swap]、[data]という3つの論理ボリュームが作られています。

 

一方、仮想マシン作成などの操作はブラウザで行いますが、ブラウザの管理コンソールでは[local]という名前のディレクトリと、[local-lvm]という名前のLVM-Thinがデフォルトで作られています。
※[local]というディレクトリは、”管理コンソール上のディレクトリ”です。Proxmox本体のディレクトリではありません。

 

[local]には「/var/lib/vz」ディレクトリ(Proxmox上のディレクトリ)が割り当てられています。そしてこのデフォルトの状態で仮想マシンの作成を行うと、新しい論理ボリュームが作成され、[data]ボリュームにプールされます。([data]領域が使用されます)
 

上の図は、”100″というIDで仮想マシンを作成した直後の論理ボリュームの状態です。
※120GBで作成しました。

この120GBの領域にWindows Server 2016をインストールします(インストール手順は割愛します)。

インストール後のエクスプローラは以下のようになっています。
HDDの容量を120GBにしたので、Cドライブが約120GBとなっています。(119GB。。。)

 

ディスクの管理画面は以下のようになっています。

このディスクの管理画面で、別ディスクとして認識されるように、これからディスクを追加していきます。




別ディスクのアタッチ手順

認識されているデバイスファイルを特定する

まず、Proxmoxをインストールしたマシン自体に2GBのUSBメモリを挿します。今回はこれを追加するHDDと見立てます。

挿した後、Proxmoxでどのように認識されているかを確認します。

確認するためには、「fdisk -l」コマンドを使用します。

 

重要な個所を黄色字にしましたが、まず465.8 GiBとなっているのは、ProxmoxをインストールしたHDDの全体容量が500GBのためです。

500GBのHDDの中の250GBを使用してProxmoxをインストールしたので、少し下の方に249.5Gという表記があります。
確認すべきことは、ProxmoxをインストールしたHDDが/dev/sdeとして認識されていることです。

そして挿入した2GBのUSBメモリは、/dev/sdgというディスクとして認識されており、使用できるパーティションとしては、/dev/sdg1として認識されていることがわかります。

 

別ディスク専用の論理ボリュームの作成

さて、Proxmoxでは論理ボリュームマネージャが使われていることは前述しましたが、別ディスク専用の論理ボリュームを作成したいと思います。

新規でpve2という名前のボリュームグループを作成し、DISKという名前で論理ボリュームを作成します。

 

ディスク用論理ボリュームのマウントポイント作成

次に、作成したDISKという論理ボリュームを、Proxmoxのどの場所(ディレクトリ)で使用するかを決めます。

今回は、/var/lib/HDDにマウントして使用することとしたいと思います。

 

起動時に自動的にマウントされるように、/etc/fstabを以下のように編集します。

いったん再起動し、エラーなく自動的にマウントされることを確認します。

 

管理コンソールに追加したディスクを認識させる

ここからはProxmoxのWEB管理コンソールでの作業です。管理コンソールにログインします。

[データセンター]⇒[ストレージ]⇒[追加]⇒[ディレクトリ]とクリックします。

 

IDは管理コンソール上の名前のようなものです。ここではAddDiskとしました。
ディレクトリには、先ほど作成したマウントポイントである/var/lib/HDDを指定します。
内容は[ディレクトリ]を選択して、[追加]ボタンをクリックします。

 

左側ペインの[ストレージ]から追加したディスク名を選択して、[サマリー]を確認すると、[使用状況で]空き容量がわかります。
ここでは2GBのUSBメモリを使用したので、少し少なくなっていますが1.80GiBの容量が確認できます。

 

仮想マシンにディスクを追加する

いよいよ仮想マシンにディスクを追加します。

管理コンソールで、[作成した仮想マシンの名前]⇒[ハードウェア]⇒[追加]⇒[ハードディスク]とクリックします。

 

[ストレージ]に作成したAddDiskを指定し、ディスクサイズに1.80と入力します。(先ほどストレージのサマリーで確認したサイズです)
そして[追加]ボタンをクリックします。

 

仮想マシンにディスクが追加されたことを確認します。

 

仮想マシンの起動と仮想マシン上でのディスクのフォーマット

仮想マシンを起動して[ディスクの管理]画面を開くと、別ディスクとして未割り当て領域が追加されていることがわかります。

 

この領域をフォーマットすれば、仮想マシン上でHDDが追加されて使用できるようになります。

エクスプローラ上でも認識されています。

 

以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。