TAG ビジネス書

ビジネス書

「12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと」byモカ 読書後の感想

モカさんと高野真吾記者の共著「12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと」を読んで感じたことを書き留めたい。僕の中でベスト3に入る素晴らしい本だった。モカさんの波乱万丈な人生を綴ったエッセイでもあり「うつ」や「自殺」に対する接し方を書いた本でもある。「うつ」や「自殺」という言葉を除いても、得ることは多々あると思う。

ビジネス書

「いつやるか?今でしょ!」(林修 著)。カリスマ予備校講師から学ぶこと

林修先生の「いつやるか?今でしょ!」を読んで、印象に残った言葉をアウトプットします。

東進ハイスクール、東進衛星予備校の講師。ハートが熱いと感じただけでなく、あったかい人だなと思いました。林先生ならではの言葉の選び方とかもあり、とても新鮮な感覚で読むことができました。ぜひ、読んでみてください!このブログもね!

ビジネス書

【レビュー】堀江貴文の「ハッタリの流儀」を読み終えて思うこと

堀江貴文「ハッタリの流儀」を読んだ。感想というか、気づきというか、自分の話も交えてこのブログ記事を書いてみたい。

堀江氏の本を読むのは「ゼロ」の次の2冊目となるが、彼が言ってることがだんだん深くわかってきたような気がする。また、彼がとんがった言葉を使う理由がこの本でわかった気がする。

ビジネス書

インプット大全からの気づきをアウトプット。インプットあってこそのアウトプット

樺沢紫苑の「INPUT大全」を読んだ。図やイラストがあって、さらにひとつのセクションが短くまとめられているのでとても読みやすかった。読書が苦手な人でも、絶対に読み切れる本田。たくさんの知恵が書かれていたが、ピックアップしてお伝えしたい。

エッセイ

スティーヴン・キングの「書くことについて」を読んで

スティーブン・キングの「書くことについて」を読んで、読書後の気づきを書きたいと思う。小説家のキングが書いたエッセイで、そしてプロの小説家が”書くこと”について書いた本であったということもあって興味があった。彼の半生も知ることができるし、スティーブン・キングという成功した作家の人柄を垣間見ることができる貴重な一冊だと思う

ビジネス書

「1億稼ぐ子どもの育て方」を読んで日本の教育に警鐘を鳴らす

日本の教育は間違いだらけだ。日本の教育を信じるな。「1億稼ぐ子どもの育て方」の著者はそんなことは言ってないが、俺はそう思ってしまった。間違いだらけの教育を受けてそこから脱却するのに多くの時間を要したと思う。少しでも被害者を少なくしたい。そんな気持ちから本記事を書く。

ビジネス書

堀江貴文「ゼロ」。堀江さんが赤裸々に語る文章が熱い

堀江貴文氏の「ゼロ」を読んだ。読書後の気づきを書きたい。

率直な感想は、”強烈だった”、だ。彼自身の過去を赤裸々に書いていたし、それらをバックグラウンドに、力強く”前進”することが書かれていた。

堀江氏に良いイメージは無かったが、この本を読んで変わった。はっきり言えるのは、結果を出している人間から学ぶことは多い。

ビジネス書

樺沢紫苑の「感情リセット術」を読んで。携帯できる一冊

樺沢紫苑氏の「人生うまくいく人の感情リセット術」を読んだ。読書後の気づきをアウトプットしたいと思う。わかってはいるが実践できていない、と感じることが多々あった。

精神科医であり、脳内物質の名前などが本書には出てくるが、とくに小難しい話はなくとてもわかりやすく書かれていて、とても読みやすい本であった。

大富豪からの手紙ビジネス書

本田健さんの「大富豪からの手紙」を読み終えて。幸せはモノではないことを理解する

本田健さんの「大富豪からの手紙」を読んだ。

ビジネス書でありながら、小説のように物語を楽しむことができるという、とても不思議であり素晴らしい本であった。

この本を読んでいろいろなことを学べたが、その中でも印象に残ったことを本記事に書き留めたい。「大富豪からの手紙」は、誰にでもお勧めできる本だ。すべての人に読んでほしい。

ビジネス書

ひろゆき氏の本を始めて読んだ。「お金の話」の感想を書き留める

ひろゆき氏の「お金の話」を読んだ。いい意味で極端なことが書いてある本だな、と思った。でも、社会に対して前向きなことが書かれている本だと思ったし、僕自身いろいろ考えさせられて頭を使うことができた。極端なことが書いてあったからかもしれないけど、読んでいて素直に面白かった。印象に残ったことを書き留めたいと思う。

ビジネス書

なんて本なんだ!「頭に来てもアホとは戦うな!」を読んで

田村耕太郎氏の「頭に来てもアホとは戦うな!」を読んで、得られた知識や気づきを書き留めたい。はっきり言って、本書は今まで読んだ本の中でトップ5に入る素晴らしい本であった。アホとは戦うなとあるが、決して他者を否定するような本ではなかった。逆に、最も前向きな本であるとさえ思った。おすすめの一冊である。

ビジネス書

「超一流になるのは才能か努力か?」を読み終えて。生まれながらの天才はいない

「超一流になるのは才能か努力か?」を読み終えた後の感想と気づきを書き留めようと思う。才能のある奴にはいくら努力しても勝てない、と考えていた自分にはとても励みとなった。この本の内容が世の中に広まれば、間違った価値観は消えていき、誰もが成長について前向きになっていけると思う。

そんな想いを込めて本記事を書く。

ビジネス書

サッカー選手 遠藤保仁から学ぶ、シンプル思考と投資家的?な考え方

サッカー選手 遠藤保仁。彼が書いた「一瞬で決断できる」シンプル思考。この中には、驚くほど会社員として生きていくうえでも大切な考え方が詰まっていた。中でも印象的だったのは彼が投資家的な見方をしていたことだ。

この本から学んだことを書く。サッカー選手が書いたビジネス書であるので、とても新鮮な感覚を覚えた。

ビジネス書

芸人視点から学ぶコミュニケーションスキル。一生懸命って大事

誰からも必ず「良かった!」と言われる話し方 39のコツ。

桂文枝さんに弟子入りした夏川立也さんが書かれた本です。芸人視点というか、ほかのコミュニケーション本にはない見方が含まれた本でした。芸人視点から学ぶ、コミュニケーションスキルについて、自分が本書から得られた気づきを書かせていただきます。

ビジネス書

心理学を背景に「雑談力が上がる話し方」を読む。ちょっとしたことが大事

心理学を背景に、「雑談力が上がる話し方」から得た気づきを書きます。

今日からやってみようと思うことや、理解が深まったことなどいろいろ。最近影響を受けたアドラー心理学に当てはめて、考えてみました。

でも率直な感想は、雑談て大切だね~ってことです。「雑談力が上がる話し方」を手に取ってくれる方が増えてくれると嬉しく思います。

僕は君たちに武器を配りたいビジネス書

「僕は君たちに武器を配りたい」から学ぶ、投資家的な生き方と考え方

「僕は君たちに武器を配りたい」という本を読んで、ここから得た教訓と気づきを書く。

投資という言葉にはネガティブな印象がつきものだが、投資家的に生きると言うことが、実に他者を考える精神に富んだ生き方だということに、気付かされた。

また、投資家的、という視点だけでなく、社会生活をする上でのヒントとなる言葉にも多く出会えた。

ビジネス書

「お金2.0」から学ぶ、人類の根源的な自己研鑽の姿勢。

「お金2.0」を読んで、今後より一層個性が大事になっていく時代になると感じました。大事になっていくと言うよりは、個性が重んじられ、努力する人が一層報われる時代になるのではないかと思ったです。

この本から学んだ自己研鑽の姿勢を、アドラー心理学を交えて書かせていだきたいと思います。

ビジネス書

嫌われる勇気。アドラー心理学の教えから学んだこと。

「嫌われる勇気」という本を読んだ。アドラー心理学をわかりやすく解説した本である。

この本を読んで気付かされたこと、心に留めておきたいことを書いておこうと思う。

考え方の根本を示した本であり、いい意味で人間の弱い部分を突いていると感じた。

心理学でありながらわかりやすく、大胆な本であった。