vCenterサーバーを構築!ESXiを登録するまでの手順。

前書き

VMware vCenterサーバーを、評価版のWindowsサーバーを使用して作成しました。

備忘録として手順を記載しておこうと思います。

 

vCenterサーバーインストールのISOイメージをダウンロード

1-①. https://www.vmware.com/jp.htmlにアクセスして、MY VMwareにアクセス。
※事前に登録が必要。
vmware ログイン

1-②. [その他の無償評価版]から[VMWare vSphere]をクリック。
VMWare_vSphereをクリック

1-③. [VMware vCenter Server and modules for Windows]の「手動ダウンロード」をクリックしてISOイメージをダウンロード。
※Linux版もあるようですが、今回はWindows版で。




vCenterサーバーのインストール

HyperVの設定でコアを2つにする。

Hyper-Vの設定で、CPUのプロセッサ数を2個にする。

2-①.ダウンロードしたイメージを、サーバーへコピー。そしてマウント。

2-②.マウントしたフォルダ内にある、[autorun]を実行。
vCenterイメージを管理者として実行

2-③.vCenterのインストーラーが起動するので、[インストール]をクリック。
インストールウィザード_インストールをクリック

2-④.「以前のインストールまたはアップデートの再起動が保留となっています。」とメッセージが出ますが、気にせず[OK]をクリック。
再起動が保留になっています

2-⑤.「システムにUniversal C Runtimeがインストールされていません。・・・」と表示された場合には、以下のMSサポートを参照し、対象OSのKBをインストールする。ちなみにわたしはWindows Server 2012 R2(評価版)を使用したので、KB2999226であった。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2999226/update-for-universal-c-runtime-in-windows
UniversalCRuntimeがインストールされていません。

2-⑥.2-⑤のエラーを解消できたら、以下の画面が表示されるので[次へ]をクリック。
vCenterインストーラへようこそ

2-⑦.使用許諾契約書の画面では、同意しますにチェックを入れて[次へ]。
使用許諾契約書

2-⑧.デプロイタイプの選択画面では、チェックを付け替えずそのまま[次へ]。
デプロイタイプの選択

2-⑨.以下のエラーが発生した場合は、CPUのコア数が足りていない。最低2つ必要なので、仮想マシンの設定で変更する。
2つのコアが必要です。

HyperVの設定でコアを2つにする。

Hyper-Vの設定で、CPUのプロセッサ数を2個にする。

 

2-⑩.順調に進めば以下の画面になる。[システム名]にIPアドレスを入力して[次へ]をクリックした。
システムネットワーク名を入力

2-⑪.FQDN名の入力を推奨しているようだ。そのまま[OK]で進める。
IPアドレスが指定されています。FQDNを推奨します。

2-⑫.[vCenter Single Sign-On]の画面では、vCenterにログインする際のadministratorのパスワードを設定する。
vCenterSingleサインオン_rootのパスワードを入力

2-⑬.[vCenter Serverサービスアカウント]では、Windows認証を使用しないものとして[次へ]をクリックする。
vCenterServerサービスアカウント

2-⑭.[データベースの設定]では、特に変更加えず次へ。
データベース設定

2-⑮.ポートもデフォルトのままで次へ進む。
ポートの設定

2-⑯.インストール先もデフォルトのままで次へ進む。
ターゲットディレクトリ

2-⑰.改善プログラムへの参加は任意。
カスタマエクスペリエンス

2-⑱.最終確認。確認して[インストール]をクリック。
インストールの準備完了

2-⑲.インストールが完了するまで待つ。
インストールの進捗状況

2-⑳.完了したら[完了]をクリック。
セットアップの完了




vCenterサーバーにESXiを登録する。

3-①.vCenterサーバーにログインします。セキュリティの警告が表示されたら[続行]します。
URLの形式は、「https://[vCenterのIPアドレス]/vsphere-client/」です。
このサイトの閲覧を続行する。

3-②.Adobe Flashがインストールされていないとログインできないので、下記画面が出た場合はAdobe Flashをインストールします。

VMware最初ログインのエラー

To view this page ensure that Adobe Flash Player version 11.5.0 or greater is installded

3-③.ログインできたら、左側ペインのvCenterのIPアドレス(ホスト名)をクリックして、新しいデータセンターの追加をクリック。
新しいデータセンターを作る

3-④.データセンター名は任意で決められる。
新規データセンターの名前を入力

3-⑤.データセンターを作ったら、[ホストの追加]をクリック。
ホストの追加

3-⑥.[ホストの追加]ウィンドウが開くので、ESXiのIPアドレスを入力。

ホストの追加_IPアドレスの入力

 

3-⑦.ESXiの管理者(root)のパスワードを入力。
ホストの追加_rootの情報を入力

3-⑧.セキュリティアラートが出ますが、そのまま[はい]をクリック。
セキュリティアラート

3-⑨.ESXiのサマリが表示されるので、確認して[次へ]をクリック。
ホストの追加_ホストサマリ

3-⑩.ライセンスの割り当て画面が出ますが、評価版なのでそのまま[次へ]。
ホストの追加_ライセンスの割り当て

3-⑪.ロックダウンモードの選択画面では、変更せずそのまま[次へ]をクリック。
ホストの追加_ロックダウンモード

3-⑫.仮想マシンの場所は先ほど作ったデータセンターを選択して[次へ]をクリック。
ホストの追加_仮想ホストの場所

3-⑬.設定の確認画面が表示されるので、内容を確認して[完了]ボタンをクリック。
ホストの追加_設定の確認

3-⑭.左側ペインのナビゲータウィンドウで、追加したESXiにエラーが無ければ追加完了!
ナビゲータ_エラー無しを確認

さあ次はゲストOSの作成!本来はこれが目的だ!




VMware徹底入門 第4版 VMware vSphere 6.0対応

新品価格
¥4,104から
(2018/12/10 23:04時点)

できるPRO VMware vSphere 6 できるPROシリーズ