Windows Updateの状態をクリア(Windows 10とWindows Server 2016)

前書き

MicrosoftのWSUSサポートチームが、Windows Updateが正常に実施できないときに実施する対処として、下記のブログを公開しています。

https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2014/12/02/windows-update-3/

上記に記載されている対処を、コマンド一括で実行するソースコードを作成してみました。

対象OSは、1703以降のWindows 10Windows Server 2016です。(1703より前のバージョンのWindows 10は作成していません)

※※内容を確認の上、自己責任で実施ください※※
※※WSUSサポートの下記注意事項を引用します※※

・[更新履歴の表示] の情報がクリアされます。(作業履歴の情報ですので 現時点の適用状態や今後の適用動作には全く影響ありません)
・過去クライアント側の操作によって「非表示」設定(処理対象から除外)していた更新プログラムが存在する場合は、その設定が解除されます。
・次回 WSUS にアクセスした際にキャッシュされていた情報を再ダウンロードします。そのため、同時に多数の端末が実施した場合にはネットワークの負荷が発生する場合があります。

 

実行の内容

実行する内容は以下の通りです。

  1. 自動更新サービスとBITSサービスを停止する。
    ※停止するサービスは下記。
    “Background Intelligent Transfer Service”(サービス名:BITS)
    “Windows Update”サービス(サービス名:wuauserv)
    Windows Server 2016の場合は下記も追加で停止。
    “Data Sharing Service”(サービス名:DsSvc)
    “Update Orchestrator Service for Windows Update”(サービス名:UsoSvc)
  2. “%systemroot%\SoftwareDistribution.old\”フォルダの存在チェック(フォルダが存在する場合は削除する)
  3. “%systemroot%\SoftwareDistribution\”フォルダをリネームする。
  4. BITSのジョブを削除する(”%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\”フォルダの中身を削除)
  5. 自動更新サービスとBITSサービスを開始する。
    ※開始するサービスは下記。
    “Background Intelligent Transfer Service”(サービス名:BITS)
    “Windows Update”サービス(サービス名:wuauserv)
    Windows Server 2016の場合は下記も追加で開始。
    “Data Sharing Service”(サービス名:DsSvc)
    “Update Orchestrator Service for Windows Update”(サービス名:UsoSvc)
  6. 更新プログラム確認を実施する。

 




ソースコード

以下がソースコードです。

このコードを全コピーしてメモ帳などに貼り付け、「ファイル名を指定して保存」から、[ファイルの種類]を「すべてのファイル」にして、拡張子を.bat」にして保存します。

※保存したファイルを実行するときは、「管理者として実行」してください。

1703以降Windows 10用

 

Windows Server 2016用